行政書士榊原事務所のささやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 契約自由の原則

<<   作成日時 : 2005/06/01 00:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

当事務所では業務受託の際に、依頼者との間で契約書を交わしています。

通常は最初の相談でアドバイスと許可の見通しを説明し、お見積もりが必要であればお見積もりを、契約をご希望であれば契約書を、作成し送付します。

お見積もりをご希望の依頼者は、お見積もりを検討された結果お断りいただいても構いません。
ご予算に合わなければ、仕方がありません。

困るのは、契約をご希望の依頼者が、契約書をお持ちいただけない場合です。

契約しない、という連絡もなく、ただただ時間が過ぎていくと、有益な情報などを見つけても、連絡してもいいものなのかどうなのか。

有益な情報なので、提供しても依頼者からは嫌がられることはないと思うのですが、他の事務所へ依頼を考えていらっしゃるような場合には、その事務所にもご迷惑をかけるような気がしてしまうのです。

そうかといって、契約を迫るようなこともしたくはないですし・・・。

それでも最終的には、ご意思の確認はさせてもらっておりますが、あまり気分はよくありません。




人気blogランキングに参加しています。 今は何位?
確認していただけると、ヤル気と順位が上がります。→ 人気blogランキング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
全てのお客さんと契約書を交わすのが良いと思うのですが、ほとんど出来ていません 汗

現状では、「それではお願いします」「はい、承知しました。ありがとうございます」のみで問題が起こっていない為、なかなか実行に移せていません。これではマズイですが・・・

今までで一件だけですが受任後にトンズラこかれたお客があるのですが、実は契約書を交わした数少ないお客さんの1人でした。汗

くろちゃん
2005/06/01 21:25
私も最初はくろちゃんさんのように受託していましたが、最近では依頼者ときちんと業務内容や役割分担を書面にて確認するようになりました。

面倒ですが、これをすることで依頼者の協力もスムーズに得られるようになりました。
行政書士榊原
2005/06/02 00:33
我々の業界でも職務規定が制定され、契約書の作成は義務になりました。
以前、報酬の支払いに不安を感じた依頼者だったので、きちっと契約書を作成しました。全面的に勝ったのですが、報酬の請求をしたところ、「払わん。」の一言でした。
PINE
2005/06/05 19:07
PINEさん、コメントありがとうございます。

請求をして「払わん」ですか!
筋金入りですね。

弁護士さんでも、同じような悩みはあるのですねぇ。
行政書士榊原
2005/06/05 21:18

コメントする help

ニックネーム
本 文

follow toyohisa_s at http://twitter.com
契約自由の原則 行政書士榊原事務所のささやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる