行政書士榊原事務所のささやき

アクセスカウンタ

zoom RSS ポキンと折ったよねぇ

<<   作成日時 : 2009/09/09 18:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

政権も交代しますが、思いでも変わっていくのですねぇ。
私の子どもの頃の夏の思い出が、なくなるのですから。


asahi.com

夏の風物詩「チューペット」生産再開断念 カビに勝てず
2009年9月9日11時1分

 凍らせて食べるポリ容器入り清涼飲料水「チューペット」の生産・販売が終了した。生産元の前田産業(本社・大阪市港区)によると、5月にカビの混入が見つかり、生産を休止して対応策を検討していたが、コスト面から再開を断念したという。チューペットは30年以上、夏のお菓子の定番として全国的に親しまれてきただけに、インターネットの掲示板などに惜しむ声が続々と寄せられている。

 同社によると、チューペットは75年に発売。最盛期には年間約1.3億本を売り上げ、ポリ容器入り清涼飲料水の「代名詞」になった。最近は果汁100%の製品を発売して低価格品とすみ分けるなど、なお年間約6千万本を安定して販売していたという。

 しかし今年5月、カビの混入が発覚。自主回収して調べたところ、いずれも毒性は弱いものの、2種類のカビを確認した。チューペットは原料溶液を約115度で殺菌し、ポリ容器に詰めた後に約85度で再び殺菌する。カビは容器に詰める際に混入し、約85度の殺菌では死滅しなかったとみられるという。

 ポリ容器の強度の問題で、2度目の殺菌温度はこれ以上高くできないという。カビの混入を完全に防ぐようにするには、約3500平方メートルある工場の半分を造り直さなければならないことがわかり、同社は再開を断念。8月中旬にホームページで生産終了を公表した。

 ネット上では「残念」「好きだったのに」といった惜しむ書き込みが相次いでいる。同社のホームページの閲覧数も1日あたり400程度だったが、8月末には4万以上に増えたという。同社飲料水事業部の飛野光昭・営業副本部長は「全国的に名前が通った商品の幕を下ろすのは本当に残念」と話している。(田之畑仁)



そーいえば、今年に入って見た記憶ってないなぁ。
気にしているわけではないから、見ていても記憶にないだけなのかもしれないけれど。


ベタベタさせて、母に怒られた思い出があります。

どこの家庭にも、その家庭でしか通用しない言葉があると思うのですが、この商品が「チューペット」という名前であったことをこの記事で知りました 恥

我が家では「ポキンと折るヤツ」と呼んでいました。

古い記憶ではポキンと折れる物が出てくる前があって、一本そのまんまだったと思うのだけれど、その当時はなんて読んでいたのか、既に記憶にありません。

「ポキンと折るヤツ」、なくなっちゃうのかぁ。
ざんねんだなぁ。



人気blogランキング参加中。
順位をご確認いただくと、ヤル気と順位が上がります→人気blogランキング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
我が家では「チューチューアイス」と呼んでました。
無くなってしまったんですね。残念です。
くろちゃん
2009/09/13 23:11
でも、似たようなものはまだまだ販売続いてました。
最近になって発見しました。もう秋なのに・・・。
行政書士榊原
2009/10/06 20:24

コメントする help

ニックネーム
本 文

follow toyohisa_s at http://twitter.com
ポキンと折ったよねぇ 行政書士榊原事務所のささやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる